債務整理をするための条件とは?

債務整理をするための条件とは?

MENU

債務整理をするための条件とは?

債務整理を行う中で、返済能力と言う条件が問われることが有ります。
債務整理の1つに任意整理と呼ばれる方法が有ります。

任意整理は任意と言う言葉が付いている事からも自ら借金を整理する事が出来る方法で、自分でも手続きを行う事で債務整理を行う事が出来ると言う事でもあるのです。

但し、任意整理は借金の額を減額する目的で過払い金の返還請求を行なったり、この過払い金の額を計算するために引き直し計算や、引き直し計算を行う目的で債権者に対して、取引履歴の開示を求めるなど、様々な壁が待ち受けており、個人で行うのは難しいとされています。

任意整理は裁判所での手続きを行う事無く債務整理を行う事が出来る方法でもあるのです。
任意整理では、債権者との話し合いを行って債務を減額する事や、将来にわたって返済が生じるものについての利息を減らすと言った交渉が必要になります。
それ故に、弁護士や司法書士と言った法律に詳しい人に依頼をするケースが多いのです。

しかし、任意整理は借金をしている全ての人が出来る事ではありません。
これには条件というものがあるからなのです。

任意整理は、借金を減額した後、残りの借金は返済を行う必要が有ります。
そのため、返済能力と言う条件が加わることになるのです。

一定の収入が有ることが条件となるのが特徴ですが、任意整理は自己破産などとは異なり、マイホームを所有している場合などは、住宅を処分する事無く借金を整理していくことが出来ると言ったメリットを持つのです。