債務整理の弁護士はこう選ぶ!※初心者さん必見

債務整理の弁護士はこう選ぶ!※初心者さん必見

MENU

債務整理の弁護士はこう選ぶ!※初心者さん必見

最近は、法律事務所での債務整理の無料相談を実施している所が多くなっていますが、相談においては無料で行い、着手する事で報酬が必要になるのが特徴です。

尚、債務整理を依頼する場合は、法律相談事務所に在籍をしている弁護士か司法書士に対して依頼をする形になります。

因みに、借金をしている額に応じて司法書士では対応が取れない事が有ります。
これは2003年に改正された法律によるもので、借金の額が140万円を超えた場合は司法書士では交渉権や簡易裁判所の訴訟代理権が認められないため、可能になるのは弁護士のみと言う事になるのです。

しかし、借金の額が140万以下の場合であれば、司法書士でも弁護士でも債務性を行う事が出来ると言う事になるのです。
しかしながら、借金の額と言うのは債権者毎に判断するものではありません。
あくまでも、借金の総額によるものとなることからも、140万円と言う金額を超えた場合は司法書士では交渉権が得られないため弁護士に依頼をする形になるのです。

因みに、取り立てを受けている場合など、弁護士に相談をすることで債権者に対し、受任通知と呼ばれる書類がファックスなどで届けられることになりますが、受任通知を受けた債権者は、債務者に対しての取り立ては勿論の事、面会や連絡と言った事が一切禁止されることになります。

取り立てが無くなることで通常の生活を行えると言ったメリットが有り、債務整理を行うメリットにも繋がってるのです。